自転車放浪

<再公開>大阪~南紀白浜自転車旅(2004.8)

■2004.8.20 大阪府門真市~和歌山県有田市

大阪から和歌山へ


大阪の斉藤自宅前にてはしゃぐ(K西・斉藤・T橋)
AM 8:30 旅立ち。スタートは今年もこの場所で。そういや地図持ってくるの忘れたけど、まあ何とかなるよ!(※1)

(※1) 地図なしで自転車旅に出ているのは異常である。もちろんこの当時iPhone等は存在しない。


12:23 ロッテリア
風景が退屈なR26を南下。和泉府中のロッテリアで昼飯や。さらにSATY(※2)でグレープフルーツの試食を食いまくって回復した(・∀・) 俺は数百円しか持ってこなかった(※3)のでATMへ直行した。

(※2) 現・イオン和泉府中店か
(※3) 何故なのか


泉南のイズミヤ前にて。まだ元気…。ここのダイソーでいろいろ買ったが、肝心の地図を買わなかった事が後に大きな支障をきたす事になる。 案の定、阪南で第二阪和国道に紛れ込み道に迷った。地図無いし人も居ないので、このとき初めてauのGPS機能(※4)を使ってみたが、あまり役に立たなかった。

(※4) 当時、ガラケーで現在地を検索する機能が存在した模様。


ようやく和歌山県に入る(大阪府と和歌山県の県境・孝子峠)
時刻はすでに17時頃になっていた。朝から漕いでるってのに、夕方になった今やっと和歌山県に入るよ。和歌山遠い!!
疲れたー。そして腹減ったー。この先ラーメン屋があったら直行しよう!!今日の晩飯和歌山ラーメンや。


18:08 ラーメンむさし
ラーメン屋発見ー!!和歌山といえば和歌山ラーメン。まあこれチェーン店やろけど気にしない。おなかが空いて力が出ないしもうどこでもええよ
予定より5時間くらい遅れてるし、今日は海南か有田まで行けたら上等や。(※5)
T橋がコップの水を飲み干すたび、すぐに店員さんが飛んできて水を満杯に注いでくれるので、わんこそばみたいになって計五杯くらい飲んでて笑った。
あーテレビでアテネの柔道やってるな。(※6)本気で疲れていた俺達は気付けば二時間くらい居座っていた。ラーメンむさし、ここはマジウマかったよ。

(※5) 夜通し行けるところまで行って宿探しするパターンである。
(※6) アテネオリンピックである。興味ないはずなのにちょくちょく描写が出てくる。

メシの次は風呂。ということで銭湯を探すことにした。海南に入り、民家のお父さんに近くに銭湯があるか尋ねてみると、親切に教えてくれた。しかもどこからか娘さんも出てきて細かく説明してくれた。さらにその娘さんは、車で先回りして道案内までしてくれた!!
親切すぎです。ほんまありがとうございました!(_ _)
もう「今晩泊めさせてもらえませんか」って頼めそうやった。(※7)

(※7) 道を教えてもらっただけなのに飛躍しすぎである。もちろん頼んでいない。


20:08 地元の方に教えていただいた「新町湯」
しかし…まさかの定休日でした。ああ…風呂入りたい。ダメ元で、近くを通りがかった方にまた聞いてみた。
俺達「すみません、ここの他に銭湯ありますか…?」
おばさん「あるわよ!でも道ややこしいからねぇ…」
そこにまた別のおばさんが登場。
おばさん2「あら、私今からそこ行くから案内してあげるわよ」


20:17 また地元の方に案内してもらった「宮前湯」
なんと優しい海南の人達。二つ目の銭湯は、地元の人じゃないと分からないような奥まった場所にあった。
風呂入ってテレビ観ながら休憩や。ちょうどアテネのバレーボールやってたが、日本負けた。

さて風呂に入ったところで俺ら、今晩の寝床決めてない。まあ予定では御坊まで進んでることになってるけど、それは朝まで走り通さないと無理なので、有田の海岸で寝ることに決定。どこか寝られそうな海岸はないか、番台のおっちゃんに聞いてみることにした。

俺達「この辺に砂浜の海岸ってありますか?」
おっちゃん「おうお前らどっから来たん?野宿するんか?」
俺達「京都と大阪です。今晩は海南か有田の海辺に泊まろうと思いまして…。」
それなら…と、おっちゃんは海岸の場所と、海南駅に地図が置いてあるので貰うようにと教えてくれた。(※8)
海南の人みんな優しい!ありがと!!

(※8) しかし駅で地図が見当たらず、親切にしてもらって心苦しいが先へ進むことにした。

風呂上がりでさっぱりしたところだが、俺達は再び進みだした。
今日の目標は有田突入!!コンビニで地図を立ち読みして現在位置を確認しながら、今日の寝床は女ノ浦海水浴場に決定!ここまで頑張ってたどり着こう!

しばらく夜中のR42を南下する。トラック恐い。危ない。
なんとか有田に入り、コンビニの立ち読みで女ノ浦の場所を確認。しかし道はどんどん細くなっていくばかり。防波堤の先は明かりもなく行き止まり。道間違えたか…

しかし、ここでびっくりする事実を知ることになる。女ノ浦海水浴場ここかよ


女ノ浦海水浴場
ほんまに真っ暗。本当にここ海水浴場なんか?って疑えるほど、付近には駐車場と家しか無くて、小さな街灯が昏々と光を流していた。
波の音恐ええ…。
K西とT橋は「防波堤降りて砂浜で寝よう」と言ってきたけど、なんか満潮時に波上がってきそうなので反対。俺らが走ってきた防波堤の道にシートを広げ、寝床についた。しかしこの選択は間違っていた。

しばらくすると…

プ!プ!!
おならじゃないです。車が来たーー!!この先行き止まりやから車が来ることは無いと思ってたけど、よく見ると確かにちょっとだけ民家ある!
慌ててシートをどかして車通らせた。プップ鳴らさんで降りてきて直接言えばいいのに。まあ明らかにこっちが邪魔なんやけど(※9)

(※9) 道路にレジャーシート広げて寝ているのだから鳴らされて当然である。申し訳ありませんでした。

その後また車がやってきて、(※10)今度は中から若い兄ちゃん達がいっぱい出てきた。
集団「きみらどこから来たん?ここで野宿してんの?」
俺達「京都から自転車で来ました。」
集団「ええー!青春しとるなあ」
眠いのにからんできた。まあ恐い人じゃなくて良かったよ。

(※10) またそこで寝てたのかよ

そんなこんなで今夜は、ほとんど眠れない夜を過ごしたのだった。
あ、距離メモするの忘れてた!!120kmくらい走ったんちゃうかな。京都組はプラス40km。今日は朝の8時半から晩の23時くらいまで走った。前日三人とも何故かほとんど寝てないから(※11)ヤバいって。

(※11) 意味がわからない

■今日の出費(※12)
gatorade 147
メロンソーダ 100
チーズバーガーセット 461
アンメルツヨコヨコ(割勘) 174
クリスタルガイザー 110
冷晶お茶 158
サングラス 105
鍵 105
単三電池 105
小次郎しょうゆラーメン 880
餃子(割勘) 83
麦茶 88
チョコボール 61
トルコ風アイス 103
銭湯 340
シャンプー(割勘) 10
チキンラーメン 150
チョコボール 61
ミルクティー 120

合計 3,361円

(※12) ダイソーでサングラスを購入したようだが記憶にない上写真にも出てこない。銭湯で売ってる使い切りのシャンプーでさえも割勘しているところに高校生感がある。

ページ:
1

2

3 4

関連記事

  1. <再公開>40km自転車通学(2004.11)
  2. <再公開>琵琶湖一周自転車旅ふたたび(2006.8)
  3. <再公開>琵琶湖一周自転車旅(2002.7)
  4. 淡路島一周自転車旅(2003.7)
  5. <再公開>京都観光サイクリング(2004.12)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP