特集企画

18時間耐久カラオケの記録

カラオケが好きすぎる。特に中学の終わりから高校にかけては、自分の中で空前のカラオケブームが到来。学校帰りに毎日行っていた。

「今日空いてる?カラオケ行こう~。」

と、あまりにも連日誘うものだから、友人達は嫌気が差していたと思う。午後にカラオケ行って、晩に焼肉食べた後の二次会がまたカラオケだったりした。スマン。

そんなわけで、濃ミルでも5時間耐久カラオケ(2002年)、6時間半耐久カラオケ(2005年)と企画をやってきた(また気が向いたら公開します)が、これって今思えばただのフリータイムだ。全然耐久じゃないやん。

あれから数年。カラオケ店では料金プランの低価格化が進み、長時間でも居座りやすくなった。また、高校生だった自分達も今やみんな社会人数年目である。

「そろそろ本当の耐久をやってみたいな」
こんな会話が、カラオケ好きの友人ゆ◎さんとの間で出るようになったのも、自然な流れだったのかもしれない。ゆ◎さんは仕事上がりにヒトカラでオールしてしまう人なのだ。

とある日、ゆ◎さんから有益な情報が入った。ジャンカラに「エンドレスフリータイム」というものがある。これを使って昼前の開店直後に入れば、2,070円(休日料金)で朝方の閉店まで居座れるという。おおおこれって午前11時~翌朝5時やから、最長で18時間耐久カラオケができるやん!やりたい!!

俺達の喉はどうなってしまうのか。持ち曲のレパートリーは途中で尽きてしまうんじゃないのか。未知の世界への挑戦である。

☆挑戦者(4人)
・斉藤
・ゆ◎さん
・Mさん ※仕事のため途中まで
・あつし氏 ※夜からヘルプで参加

special_karaoke18h_s_400
開始直前(京橋・ジャンカラ京橋1号店にて)

■耐久開始
2013年1月19日(土)午前11時。耐久が始まった。今回の無謀な耐久には、友人Mさんも来てくれることになったが、あいにく午後から仕事なので途中までの参加だ。ゆ◎さんがビジュアル系や椎名林檎を入れ、僕がフジファブリックやスピッツを入れ、MさんがピロカルピンやCoccoを歌う。いつもどおりのカラオケである。

■余裕の午後
午後、Mさんが仕事のため早退。ご協力ありがとう!

ゆ 「余裕で朝まで行けるやろこれw」
斉 「行ける行ける!」

と余裕な発言が飛び交っていたが、せっかくの記念すべき耐久なので、空いている人を呼ぶことにした。急な呼び出しにも関わらず、ゆ◎さんとよくカラオケをするという友人あつし氏が駆けつけてくれることになった。余裕かましていたけどめちゃめちゃ心強い。

■ビジュアル系がわからない
日が暮れた頃、自分の中に気持ちの変化が現れてきた。ゆ◎さんとあつし氏は共にビジュアル系を好んで歌うのだが、俺ビジュアル系がわからない。
しかし今日は耐久カラオケである。ここで変なことを言ってしまって場がシラけると大変なので、無理やり楽しむ。まだまだ先は長いのだ。

■突然の吐き気に襲われる
この日、俺は喉を持たせるためハチミツのど飴をひたすら舐めて、曲間には水をひたすら飲んでいた。これを繰り返していたところ、夜が更けてきた頃突然気持ち悪くなってきた。

ゆ◎ 「さいさん顔めっちゃ青いやん」
き…気持ち悪い。水の飲みすぎで体内のナトリウム濃度が低下してきたのかもしれん(まさかの水中毒)。ここで歌ってる間に突然吐くとみんなシラけて大変なので、椅子にじっと座りじっとこらえる。

30分ほどで回復した。

■ゆ◎さん、声の限界へ
special_karaoke18h_y_400
ゆ◎さん
いつも澄んだ声で歌うゆ◎さんだが、深夜になるとさすがに声が限界になってきたようだった。

「高音の伸びが続かへん!こんなん初めてや」

ゆ◎さんがこんなに歌い辛そうにしているのは初めてだ。未知の世界に突入している。

■あつし氏、心強すぎる
special_karaoke18h_a_400
あつし氏
あつし氏の絶叫が止まらない。ありがたい…。ビジュアル系分からんとか思ってごめん…。俺は声を抑えて高い曲も低い声で歌う。もう短い曲しか入れたくない。ゆ◎さんは席に着くとウトウト意識が飛び始める。この人は疲れるとすぐ寝るのだ。

歌うのが苦痛になってきた…!

special_karaoke18h_table_400
散らかったテーブル(部屋の狭さにもご注目ください)

ページ:

1

2

関連記事

  1. 飛行機が頭上スレスレをかすめていく場所
  2. 公共事業の誘致看板コレクション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP